PHPプログラムに関する各種メモ書き

PHPアクセラレータAPCを導入して、PHPを高速化する。

APCを導入して高速化を図る。今回 Fedora Core5, CentOS5 で実験しました。

【Fedora Core5にAPCをインストール】

■ 1. php-apcをインストール

yum install php-apc

■ 2. /etc/php.ini に設定を追加

extension=apc.so

■ 3. apacheの再起動

apachectl graceful

【Cent OS5にAPCをインストール】

■ 1. php-devel、httpd-devel(apxs)、gcc,、c++、APC をインストール

yum install php-devel

yum install httpd-devel

yum install gcc

yum install gcc-c++

pecl install APC

■ 2. /etc/php.ini に設定を追加

extension=apc.so

■ 3. apacheの再起動

apachectl graceful

APCのオプション(php.iniに記述)

APCの on/off を切り替える(1でon 0でoff)

apc.enabled = 1

CLI(コマンドライン)のPHPでもAPCを有効する

apc.enable_cli = 1

【インストールの確認】

phpinfo.php を実行して APC という項目があることを確認する

実効速度の比較

APCをOFFにした状態ONにした状態それぞれ【ab】(apache bench)を実行する。

ab -n 100 -c 10 http://www.testserver.local/

【ab結果の比較例】

実際には色々な項目を比較して結論を出すのですが、とりあえず「Time Per request」で比較してみると

■ APC無効
Time per request: 269.403 [ms] (mean, across all concurrent requests)
■ APC有効
Time per request: 111.376 [ms] (mean, across all concurrent requests)

となりました。

yumコマンド一発でインストールできることを考えると、インストールしない手はないと思います。

APCの導入はとりあえずここまで。

さらに使いこなすには細かく設定をしましょう。

参考:http://zapanet.info/phpdoc/ref.apc.html

関連エントリー

No.483
01/20 13:57

edit

高速化