PHPプログラムに関する各種メモ書き

PHPの代表的なテンプレートエンジンsmartyのダウンロードとインストール

1. Smarty動作条件を確認する

Smarty動作条件は

Smarty 3.x: PHP 5.2+
Smarty 2.x: PHP 4 or 5

となっています。

条件に当てはまるバージョンのSmartyをダウンロードします。

2. ダウンロードした「Smarty-XXXXX.tar.gz」または「Smarty-XXXXX.zip」を解凍する

3. 解凍して出来たディレクトリ内の 「libsフォルダ」をFTPでアップロード(プログラムがあるphpディレクトリにアップロード)

4. テンプレート用フォルダを作成しパーミッションを変更する

templates (パーミッションは変更しなくてよい)
templates_c (パーミッション 777 に変更する)

5. テンプレート用フォルダ(templates)にテンプレートファイルをアップロード

テンプレートファイルを置くフォルダは「templates」です。

templates_cフォルダは Smarty が使用するフォルダですので一切触る必要はありません。

6. ディレクトリ例

このようなディレクトリ構成になります

 |-- [libs]
 |-- [templates]
 |-- [templates_c]
 |-- 実行するプログラム.php

7. phpコーディング例 ( ./templates/test.html を表示させる。)

require_once('Smarty/Smarty.class.php');
$template = new Smarty;
$template->display('test.html');

以上。簡単ですね。

■ Smarty3日本語マニュアル

http://www.smarty.net/docs/ja/

■ Tips

http://techblog.ecstudio.jp/tech-tips/smarty-tip.html

関連エントリー

No.1
08/23 19:34

edit

Smarty