KUSANAGIはプライム・ストラテジー株式会社が開発している超高速LAMP, LEMP, WordPress環境です。 バーチャルドメインマネージャーとしても有用です。

KUSANAGI ( Centos7 )環境に nodenv を入れて node.js バージョン管理を行う

● anyenv のインストール

インストールは実際に使うユーザーで行います。( root で行う必要はありません )

git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv
echo 'export PATH="~/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
exec $SHELL -l

● anyenv のバージョン確認

anyenv -v
anyenv 1.1.1

● 2. nodenv のインストール

anyenv install --init
anyenv install nodenv
exec $SHELL -l

● 2. nodenv のバージョン確認

nodenv -v
nodenv 1.3.1+5.dd4534e

● 3. node.js のインストール

最新版はLaravel側が対応していない可能性があるので、1つ前のバージョンを入れます。 ( バージョンはその都度チェックしてください。 )

nodenv install 12.13.0
nodenv global 12.13.0

● 3. node.js のバージョン確認

一旦シェルをログアウトして再ログインします

node -v
v12.13.0

使えるようになりました!

No.1616
11/06 09:58

edit