Google GCEの設定方法 (KUSANAGI)

● 1. KUSANAGIマシンを新規作成

● 2. とりあえず「ゾーン us-west1-b」と「 ディスク30GB」だけ指定して作成

● 3.作成したGCEマシンを停止(この後設定変更)

● 4. 「編集」を押してマシンタイプを f1-micro に変更

● 5. 外部固定IPを作成する

● 6. sshのポートを 52200 へ変更する

● 5. マシンを立ち上げて root パスワードを設定

sudo passwd root

● 6. SSH の接続ポートを変更する / パスワードログインを禁止する

su -
vi /etc/ssh/sshd_config 

ポートを変更する

Port 52200

パスワードでのログインを禁止する

PasswordAuthentication no

再起動して新しいポートになっているか確認する

service sshd restart
systemctl status sshd.service

パスワードでのログインが禁止されているか確認する

ssh hoge@xxx.xxx.xxx.xxx -p 52200

● 7. KUSANAGIを再設定する

メモリが少なくなったマシンようにKUSANAGIを再設定します

su -
kusanagi configure
kusanagi init

● 8. nginx の ユーザーを変更する

sudo -
cd /etc/nginx/
cp nginx.conf nginx.conf.backup
vi nginx.conf

nginx.conf の3行目を変更します

user kusanagi kusanagi;

編集後にリロード

nginx -s reload

● yum のエラーを修正して使用できるようにする

sudo rpm --rebuilddb
sudo yum update -y

● composer の インストール

cd
curl https://getcomposer.org/installer | php
sudo mv -i composer.phar /usr/local/bin/composer
composer -V
Composer version 1.10.9 2020-07-16 12:57:00
添付ファイル1
添付ファイル2
添付ファイル3
添付ファイル4
添付ファイル5
添付ファイル6
添付ファイル7
No.1821
08/10 10:14

edit

添付ファイル