JavaScriptプログラムに関する各種メモ書き

JavaScript で 動的に hidden属性<input type=”hidden” name=”name” value=”value”>を作成する

意外に登場する機会が多いので関数として登録しておく

● hidden属性を作成する make_hidden()

// make_hidden : hiddenを作成する : Version 1.1
function make_hidden( name, value, formname ){
    var q = document.createElement('input');
    q.type = 'hidden';
    q.name = name;
    q.value = value;
	if (formname){ document.forms[formname].appendChild(q); }
    else{ document.forms[0].appendChild(q); }
}

使い方:引数は( '名前' , '値', 'フォーム名' )

make_hidden('id', '1234');

とすると

<input type="hidden" name="id" value="1234">

が作成されます。

またHTMLファイル内に複数の<form>タグが存在する場合はフォーム名を指定して呼び出せばOK。

<form name="FM"></form>
<form name="SFM"></form>

の二つのフォームが存在する場合

make_hidden('id', '1234', 'SFM');

とすると name="SFM" の方にhiddenが作成されます

また作成した hidden 属性を削除するには以下の関数を使用します

● hidden属性を削除する delete_hidden()

// delete_hidden : hiddenを削除する : Version 1.1
function delete_hidden( name, value, formname ){
	var dom_obj_array = window.document.getElementsByName(name);
	for (var i=0; i<dom_obj_array.length; i++){
		if ( dom_obj_array[i].value === value ){
			element = dom_obj_array[i];
			element.parentNode.removeChild(element);
		}
	}
}

● hidden属性を作成する make_hidden() (既にある存在するフォーム名で作成しようとするとスキップ)

function make_hidden(name, value, formname, override_flag) {
  var q = document.createElement('input');
  q.type = 'hidden';
  q.name = name;
  q.value = value;
  var form_dom;
  if (formname) {
    form_dom = document.forms[formname];
  } else {
    form_dom = document.forms[0];
  }

  if ( ! override_flag ) {
    if (form_dom[name]) {
      console.log('フォーム(' + name + ')が既に存在するのでhiddenを作成しません。');
      return false;
    }
  }

  form_dom.appendChild(q);
  return true;
}

関連エントリー

No.540
08/07 08:00

edit

DOM
フォーム