人気のPHPoWEBアプリケーションフレームワークLaravelのTipsを記録していきます

LaravelのValidatorで独自のチェックを行った後独自のエラーメッセージを表示させる

● LaravelのValidatorで独自のチェックを行った後独自のエラーメッセージを表示させる

Laravelでフォーム入力値のバリデーションを行った後、独自のチェックを行って、エラーが発生した場合 エラーメッセージと共に入力画面へ戻したい。といったことがあるかと思います。

次のようにして好きなメッセージでエラーメッセージを設定できます。

use Validator;
// 通常のバリデーション
$validator = Validator::make($request->all(), [
	'feed_url'  => 'required',
]);
$validator->validate();

// 追加で入力チェックを行う
if ( エラーがある場合 ) {
$validator->errors()->add('feed_url', 'このURLにはRSSフィードが含まれていません。');
return back()->withInput()->withErrors($validator);
}

エラーメッセージのセット方法は次のように記述してもOKです。

return back()->withInput()->withErrors(array('feed_url' => 'このURLにはRSSフィードが含まれていません。'));
No.1345
11/10 09:55

edit