人気のPHP WEBアプリケーションフレームワークLaravelのTipsを記録していきます

Laravelで独自のエラーページ(404 , 403 , 500)をカスタマイズして作成する

● Laravelで独自のエラーページ(404 , 403 , 500)をカスタマイズして作成する

Laravelの標準のエラーページをカスタマイズするには

/resources/views/errors/404.blade.php にファイルを置くだけです。

1. ディレクトリ errors を作成する

2. ファイルを作成する

ファイル名は

403.blade.php
404.blade.php
500.blade.php

とすると、404エラーの時は 「404.blade.php」を見に行きます。

● Laravelでエラーページ(404 , 403 , 500)に独自メッセージを表示させる

エラー発生時にエラーメッセージを追加する

abort( 404, '独自のエラーメッセージ' );

Bladeテンプレートでエラーメッセージを表示

{{ $exception->getMessage() }}

これだけで、エラーページにメッセージが表示されます。

● Laravelの独自のエラーページをデフォルトのエラーページと同じようなデザインにする

デフォルトのデザイン ↑ にしたい場合は次のようなコードにします

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
    <title>Page Not Found</title>
    <link href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Nunito" rel="stylesheet" type="text/css">
    <style>
    html,
    body {
        background-color: #fff;
        color: #636b6f;
        font-family: 'Nunito', sans-serif;
        font-weight: 100;
        height: 100vh;
        margin: 0;
    }

    .full-height {
        height: 100vh;
    }

    .flex-center {
        align-items: center;
        display: flex;
        justify-content: center;
    }

    .position-ref {
        position: relative;
    }

    .content {
        text-align: center;
    }

    .title {
        font-size: 36px;
        padding: 20px;
    }
    </style>
</head>

<body>
    <div class="flex-center position-ref full-height">
        <div class="content">
            <div class="title">
                Sorry, the page you are looking for could not be found.
            </div>
        </div>
    </div>
</body>
</html>

● エラーページにエラーメッセージを表示させる

以下のようにすると .envAPP_DEBUG=1 の時だけエラーメッセージを表示させることができます。

            @if(env('APP_DEBUG') == 1)
                {{ $exception->getMessage() }}
            @endif

例:
Laravelエラーページにエラーメッセージを表示させる

添付ファイル1
添付ファイル2
No.1361
12/04 09:53

edit

添付ファイル