人気のPHP WEBアプリケーションフレームワークLaravelのTipsを記録していきます

Laravel で Session(セッション)を使用する

・セッションへ値を保存する

$request を使う場合

$request->session()->put('contact', $request->contact);

Session を使う場合

\Session::put('contact', 'hogehoge');

ヘルパーを使う場合

session(['contact' => 'hogehoge' ]);

 

・セッションから指定の変数を読み込む

$request を使う場合

$request->session()->get('contact');

Session を使う場合

\Session::get('contact', 'xxx'); // 取得できない場合 xxx を返す

ヘルパーを使う場合

session('contact');

 

● 値の存在確認をする has()

// $request を使う場合
if ( ! $request->session()->has('_old_input') ){ ..... }

// \Session を使う場合
if ( ! \Session::has('_old_input') ){ ..... }

// session() を使う場合
if ( ! session()->has('_old_input'); ){ ..... }

・セッションから全データを削除

$request->session()->flush();
\Session::flush();

 

・セッションから指定の変数を削除

$request->session()->forget('contact');

● 全てのセッションを読み込む

$session__all = \Session::all();
No.1474
05/07 14:06

edit