Windowsに便利な node.js バージョン自動切り替え nodenv をインストールする

● 1. WSL2のインストール

WSL2をインストールしたら、コマンドプロンプトではなく Windowsターミナルから Ubuntu を選択して、unixを起動します。

● 2. homebrew のインストール

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
echo 'eval "$(/home/kato/.linuxbrew/bin/brew shellenv)"' >> /home/kato/.bash_profile
eval "$(/home/kato/.linuxbrew/bin/brew shellenv)"

● 3. anyenvのインストール

brew install anyenv
anyenv init
echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
exec $SHELL -l
anyenv install --init

● 4. nodenvのインストール

anyenv install nodenv
exec $SHELL -l
nodenv --version

● 5. Yarn プラグイン のインストール

node.jsインストール時に同時に自動的にyarnもインストールしてくれるように設定する

mkdir -p "$(nodenv root)/plugins"
git clone https://github.com/pine/nodenv-yarn-install.git "$(nodenv root)/plugins/nodenv-yarn-install"

● 6. Node.js のインストール

nodenv install 16.13.2
nodenv global 16.13.2
node -v
No.2163
03/11 21:25

edit