高さが半分の br

● 高さが半分の br

.br_half {
  display: block;
  content: "";
  margin: 0.5em 0;
}
<br class="br_half">
No.2124
12/29 15:12

edit

Pico.css を使用する

● Pico.css

https://picocss.com/

● Pico.css のインストール

作業フォルダに移動してから次のコマンドを実行します

npm install -g sass

npm install @picocss/pico

mkdir src
mkdir src/scss

cp -r ./node_modules/@picocss/pico/scss ./src/scss/pico_scss

ディレクトリやファイル構成は次のようになります

.
├── node_modules(使用しない)
└── src
    ├── css
        └── pico.css(このファイルをhtmlから読み込む)
    └── scss
        └── pico_scss
             └── pico.scss(このファイルをコンパイルする)

● Pico.css のコンパイル

src/css/pico.css を生成します

sass ./src/scss/pico_scss/pico.scss ./src/css/pico.css

● index.html を用意する

.src/index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <link rel="stylesheet" href="./css/pico.css">
    <title>Document</title>
    <style>
        .grid div {
        padding: calc(var(--spacing)/ 2) 0;
        border-radius: var(--border-radius);
        background: var(--code-background-color);
        font-size: 87.5%;
        text-align: center;
    }
  </style>
</head>
<body>
    <main class="container">
        <h1>Hello, world!</h1>
        <h2>Hello, world!</h2>
        <h3>Hello, world!</h3>
        <h4>Hello, world!</h4>
        <h5>Hello, world!</h5>
        <h6>Hello, world!</h6>
        <article data-theme="light" aria-label="Forced light theme example">
            <h3>Light theme</h3>
            <form class="grid">
                <input type="text" name="login" placeholder="Login" aria-label="Login" autocomplete="nickname" required="">
                <input type="password" name="password" placeholder="Password" aria-label="Password" autocomplete="current-password" required="">
                <button type="submit" aria-label="Example button" onclick="event.preventDefault()">Login</button>
            </form>
        </article>
        <div class="grid">
            <div>1</div>
            <div>2</div>
            <div>3</div>
            <div>4</div>
            <div>5</div>
            <div>6</div>
            <div>7</div>
            <div>8</div>
            <div>9</div>
            <div>10</div>
            <div>11</div>
            <div>12</div>
        </div>
    </main>
</body>
</html>

ブラウザで index.html を表示させます

● (pico.cssのカスタマイズ)ボタンの色を赤に変える

./src/scss/pico_scss/themes/default/_colors.scss

// Light Blue
$primary-hue: 195 !default;

// Light Blue
$primary-hue: 360 !default;

として再度コンパイルするとボタンの色が変わります。

● (pico.cssのカスタマイズ)ブレークポイントを減らして2レスポンシブにしてみる

./src/scss/pico_scss/_variables.scss

$breakpoints: (
  xs: 0,
  sm: 576px,
  md: 1002px,
  lg: 1002px,
  xl: 1002px,
) !default;

// Viewports
// 'null' disable the viewport on a breakpoint

$viewports: (
  sm: 510px,
  md: 1000px,
  lg: 1000px,
  xl: 1000px
) !default;

● VS Codeでコンパイルする

DartJS Sass Compiler and Sass Watcher https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=codelios.dartsass

添付ファイル1
No.2116
12/22 16:59

edit

添付ファイル

印刷用CSSで任意の位置で改行を送信する

● 印刷用CSSで任意の位置で改行を送信する

css

.page-break-before  {
    page-break-before:always
}

html

<div class="page-break-before">
<p>この文章の直前で改ページさせる</p>
</div>

テーブルに設定する場合は次のようにします

<head>
    <style>
        @media print {
            tr.page-break  { display: block; page-break-before: always; }
        }   
    </style>
</head>
<tr class="page-break"></tr>
No.2104
11/25 17:10

edit

table ヘッダ 固定のcss

tabl ヘッダを固定して、テーブルのスクロールさせるcssです。 テーブル全体をラッパータグで囲います。

css

.mytable__wrapper {
    height: 100px;
    overflow-y: scroll;
}
table.mytable {
	text-align: left;
	position: relative;
	border-collapse: collapse; 
}
table.mytable th,
table.mytable td{
	padding: 1rem;
	border: solid 1px #ddd;
}
table.mytable th {
    color: red;
	background: white;
	position: sticky;
	top: 0;
}    
<div class="mytable__wrapper">
    <table class="mytable">
      <thead>
        <tr>
          <th>見出し1</th>
          <th>見出し2</th>
          <th>見出し3</th>
          <th>見出し4</th>
          <th>見出し5</th>
        </tr>
      </thead>
      <tbody>
        <tr>
          <td>データ1</td>
          <td>データ2</td>
          <td>データ3</td>
          <td>データ4</td>
          <td>データ5</td>
        </tr>
        <tr>
          <td>データ1</td>
          <td>データ2</td>
          <td>データ3</td>
          <td>データ4</td>
          <td>データ5</td>
        </tr>
        <tr>
          <td>データ1</td>
          <td>データ2</td>
          <td>データ3</td>
          <td>データ4</td>
          <td>データ5</td>
        </tr>
        <tr>
          <td>データ1</td>
          <td>データ2</td>
          <td>データ3</td>
          <td>データ4</td>
          <td>データ5</td>
        </tr>
        <tr>
          <td>データ1</td>
          <td>データ2</td>
          <td>データ3</td>
          <td>データ4</td>
          <td>データ5</td>
        </tr>
      </tbody>
    </table>
    </div>

引用 : https://bit.ly/3ALIZjp

No.2047
09/27 09:20

edit

No.2023
07/30 16:25

edit

css ul li 改行を揃える

● css ul li 改行を揃える

ul {
	padding-left: 20px;
	list-style-type: disc;
	list-style-position: outside;
}
No.1863
09/27 12:09

edit

cssの display:flex で 右端にそろえる / 両端に揃える

● cssの display:flex で 右端に揃える

.my_container {
    display: flex;
  justify-content: flex-end;
}

● cssの display:flex で 両端に揃える

.my_container {
    display: flex;
    justify-content:space-between;
    flex-wrap: wrap;
}
No.1862
12/16 13:39

edit

css transition ページ読み込み時 オフ

● css transitionを ページ読み込み時にだけオフにする( for Google Chrome)

対応方法 : CSS ファイルを読み込んだ後になんかしらの JavaScript を実行すれば OK です。

    <link rel="stylesheet" href="/assets_front/css/style.css">
    <script>console.log("prevent Google Chrome css Transition");</script>
No.1845
08/28 09:11

edit

css で長いテキストを ... で表示する

● css で長いテキストを ... (3点リーダー)で表示する

● css で長いテキストを ... (三点リーダー)で表示する(1行の場合)

overflow: hidden;
white-space: nowrap;
text-overflow: ellipsis;

● css で長いテキストを ... (三点リーダー)で表示する(複数行の場合)

2行を超える場合に ... を表示します。

  display: -webkit-box;
  -webkit-box-orient: vertical;
  -webkit-line-clamp: 2;
  overflow: hidden;
No.1842
08/11 08:44

edit

css で 最後の要素以外

● pタグ divタグ spanタグ でCSSで最後の要素以外を指定する

span:not(:last-child) {
    margin-right: 25px;
}
span:not(:last-of-type) {
    margin-right: 25px;
}

● last-child と last-of-type の違い

引用: https://bit.ly/3czK9TB

:first-childの定義の勘違いが主な原因です。
最初に現れる子要素、という指定は、指定したプロパティの中で最初に現れるこ要素ということではなく、全てのタグを含めた初めに現れる子要素という意味です。
どうゆうことかというと。
No.1710
09/27 11:58

edit

Mac OS Catalina (10.15)のフォント問題に対応する

● サンセリフになってしまう問題

font-family: Meiryo, "Hiragino Kaku Gothic ProN", sans-serif

font-family: Meiryo, "Hiragino Kaku Gothic ProN", "Hiragino Sans", sans-serif

"Hiragino Sans" を追加する。

● font-weight:bold がかなり太くなる問題

font-weight:bold;

font-weight:600;

font-weight:600; に変更する。

引用: https://speakerdeck.com/clockmaker/better-font-family-2019-in-japanese

No.1649
01/06 11:01

edit

css「複数行または1行のテキスト」を縦センタリング する

display: flex; を使用します。

.waku {
	padding: 0 15px 0 15px;
	width: 400px;
	height: 150px;
	border: solid red 1px;

	display: flex;
	justify-content: center;
	align-items: center;
	text-align:  center;
}
.elem {
	flex: 1;
}

デモ : https://pgmemo.tokyo/livedemo/css_flex_vertical_center/css_flex_vertical_center.html

No.1457
03/11 18:28

edit

背景画像を複数指定する

● css で 背景画像を複数指定する

まとめて指定する例:

    background: 
        url("waku_border.svg") 0px 65px repeat-x,
        url("waku.png") 0px 70px repeat-x;

別々に指定する例:

    background-image: 
        url("waku_border.svg") ,
        url("waku.png");

    background-position: 
        0px 65px ,
        0px 70px;

    background-repeat:
     repeat-x,
     repeat-x;
No.1412
01/10 16:28

edit

cssで背景画像をスマホサイズに合わせて自動でサイズ変更させる

● 背景画像をレスポンシブにしてスマホサイズに合わせて自動でサイズ変更させる

● A. 100%表示の場合

html

<div class="myimg">風景写真。このテキストは非表示になります。</div>

scss

.myimg {
    background: url("#{$img_folder}/xxxxx.jpg") 0 0 no-repeat;
    height: 0;
    padding-top: 75.15%;        // 画像の高さを100%とした時の画像の幅%
    background-size: contain;

    overflow: hidden;
    text-indent: -100%;
    white-space: nowrap;
}

● B. width , height を指定する場合

html

<div class="myimg">風景写真。このテキストは非表示になります。</div>

scss

.myimg {
    width: calc( 50vw - 20px );
    width: calc( (50vw - 20px) * 0.7515 );

    background: url("#{$img_folder}/xxxxx.jpg") 0 0 no-repeat;
    background-size: contain;

    overflow: hidden;
    text-indent: -100%;
    white-space: nowrap;
}

引用: https://goo.gl/AyJGb3

No.1409
01/11 15:58

edit

css3だけでグローバルメニューに使えるシンプルなドロップダウンメニューを作成する

● css3だけでグローバルメニューに使えるシンプルなドロップダウンメニューを作成する

How To Create a Pure CSS Dropdown Menu こちらで紹介されています。

デモ
https://line25.com/wp-content/uploads/2012/css-menu/demo/index.html

添付ファイル1
No.1398
12/20 17:35

edit

添付ファイル