タグ「perlモジュール」での検索

Fedora CORE 5 のapacheでSSL通信を行えるようにする

■ 1. mod_sslのインストール

yum -y install mod_ssl

■ 2. 秘密鍵の作成

cd /etc/pki/tls/certs
make server.key (パスワードを2回聞かれるので入力する)
openssl rsa -in server.key -out server.key(パスワードを1回聞かれるので入力する)

■ 3. 公開鍵の作成

make server.csr

色々質問されるので以下のように入力する(例)

Country Name (2 letter code) [GB]:jp
Locality Name (eg, city) [Newbury]:tokyo
Locality Name (eg, city) [Newbury]:shibuya
Organization Name (eg, company) [My Company Ltd]:test
Organizational Unit Name (eg, section) []:test
Common Name (eg, your name or your server's hostname) []:testserver.com (サーバー名を入れる)
Email Address []:info@testserver.com
A challenge password []: (そのままEnterを押す)
An optional company name []: (そのままEnterを押す)

■ 4. WEBサーバー用証明書の作成

openssl x509 -in server.csr -out server.pem -req -signkey server.key -days 365
chmod 400 server.*

■ 5. apacheのSSL設定ファイルを編集

cp /etc/httpd/conf.d/ssl.conf /etc/httpd/conf.d/ssl.conf.backup (バックアップをとる)
vi /etc/httpd/conf.d/ssl.conf

実行すると ssl.conf 編集画面になるので下記のように書き換える。

SSLCertificateFile /etc/pki/tls/certs/server.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/pki/tls/certs/server.key
DocumentRoot "/var/vhosts/www.testserver.com/htdocs"

■ 6. apacheを再起動する

apachectl graceful

■ 注意 ■

ネームベースのバーチャルホストでは一つのバーチャルホストに対してしかSSLを設定することが出来ない。

バーチャルホストについては下記を参照

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/apache08/apache08b.html

No.484
03/26 14:26

edit

perlモジュール

DNSサーバ bindを設定する

bindの起動、終了、リスタートは

/etc/init.d/named start
/etc/init.d/named stop
/etc/init.d/named restart

bindの設定確認コマンド(コンフィグ)

named-checkconf

bindの設定確認コマンド(ゾーン)

named-checkzone testserver.com /var/named/testserver.com
No.468
03/26 14:27

edit

perlモジュール

Mac OSX10.5 , 10.6 にMySQLをインストールする。

■1. MySQLのサイトのダウンロードページから Mac OS X 用ファイルを選択してダウンロードする。

http://dev.mysql.com/downloads/mysql/ (Version5.5)

■2. ダウンロード完了後、

ファイルをダブルクリックしてインストール開始。

■3. 『システム環境設定』→『MySQL』→『Start MySQL Server』でMySQLが起動します。

■4. ターミナルからMySQLを使うには

mysqlコマンドは

/usr/local/mysql/bin/mysql

にありますので、このパスを追加します。

ファイル『~/.bash_profile』に下記の行を追加

export PATH=$PATH:/usr/local/mysql/bin

■ 5. ターミナルを一度終了して、再度ターミナルを起動し

mysql

でMySQLプロンプトに入ればインストール成功。

No.421
03/31 16:11

edit

perlモジュール

mod_rewrite で 「www」ありなしを統一する・「http」を「https」に統一する。

● 【http://www.hogehoge.com】→【https://hogehoge.com】とする場合の例

www 無しのURIを www.付きのURIに変換する。「http」を「https」に統一する。

.htaccess に保存してサイトのトップに置きます。

<ifModule mod_rewrite.c>
	RewriteEngine On

	# http でのアクセス
	RewriteCond %{HTTPS} off
	RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

	# https でのアクセス
	RewriteCond %{HTTPS} on
	RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.hogehoge\.com$
	RewriteRule ^(.*)$ https://hogehoge.com/$1 [R=301,L]
</ifModule>

● http でアクセスされた場合に https へリダイレクトさせる

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
No.233
06/28 09:57

edit

perlモジュール